消費税増税分はどこへ?

今、各地方議会では平成26年度の予算審議の最中です。県議会は休会でしたので議会報告でお伺いしていました。やはり消費税のことが話題に上ります。茨城県では増税分は約66億円です。これは全て医療・介護・少子化対策など福祉の充実にあてられます。消費税増税は賛否両論がある中で決まりましたがその使い道は福祉目的に限るとされていたことによります。

この点を地方議員の方々に報告したところ執行部から増税分の使途は聞いていないという議会がいくつかありました。知り合いの議員に問い合わせたところはっきり福祉に充当したというところと全く説明がされなかったところとまちまちでした。使い道の通知は総務大臣から県知事に知らされています。県内の市町村には県知事が周知するということになっています。この点について経過を明らかにするように求めていきます。

住民は消費税増税にあたって福祉に使うということで了解したわけです。各議会ではこれに明確に答えられなければなりません。